記事一覧

記事一覧

解説 人は弱い。 いろいろな形で自分を隠して守ろうとする。 強い力で背中を押されないと一歩が踏み出せないことも多いのだ。

記事を読む »

解説 役者として成長するには、 演技が上手くなるには、 テクニックではなく、 視点、価値観が変わること。

記事を読む »

解説 「現実の方が嘘くさいよ」 信じたくないような出来事が次々と起こる現実世界。 予想できない事件や事象ばかり。 現実についていくので必死だ。 しかし、物語には、人が込めた想いがある。 伝えたい真実がある。 人々は、物語 […]

記事を読む »

解説 役者として必須であり、重要な要素「発声」。 どれだけやり方やメソッドを教わっても、 ほんとうに「自分のもの」にするには、 苦労して苦心して掴み取らなければならないのだ。 池田は、演技のすべてをそうして掴み取ってきた […]

記事を読む »

「ぼくは、教えてるんだけど、教えてるんじゃない。 あなたの中にあるものを引き出したいんだ。 これは、教えられるものじゃない。」

記事を読む »

勝手に解説。言葉(活字)を大事に読み、感じられれば、イメージは湧いてくる。すると「見せる」という感覚が分かってくる。感情はつくるのではなく、湧く。活字はそのためのキーワード。

記事を読む »

勝手に解説。そんな漢字はありませんが、芸事とはそういうものだ、ということかと。それを、自分に課せていく。役者には、自分に加速をつけていくための発想が必要なのでしょう。

記事を読む »

勝手に解説。言い訳は、逃げ道を作るだけ。停滞していようとする、魔法の言葉。言い訳を自分で断ったとき、やれることが、出来ることが、道が見えてくると言います。

記事を読む »

勝手に解説。『勉強すれば成績は上がる』それは誰でも「分かる」話。役者の「分かる」は、「勉強をして成績が上がった」時に、はじめて分かったことになる。

記事を読む »

勝手に解説。通過点に過ぎないはずの「今の姿」。これにとらわれては飛躍できない。こうであるべき、ありたいと思う未来の姿を語ることが大事。

記事を読む »

次のページへ »

新着情報&ブログ

過去の記事